みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

wifi利用時の注意点と正しい使い方

time 2015/07/01

アナタのwifiの使い方、大丈夫?正しい使い方を伝授します!

wifi

無線LAN規格として代表的なwifiは、家庭用ゲーム機のネットワーク通信機能に加えてスマートフォンやタブレットといった携帯端末、及びパソコンのインターネット接続としても広く普及している技術です。
特定のアクセスポイントを経由して通信を行う仕組みとなっており、機器ごとの互換性が高く、通信可能な距離内にアクセスポイントが存在していれば場所を問わず接続できる点が特徴的といえます。
この技術によって有線のLANケーブルを接続することなく、1台のルーターのみで複数の機器をインターネットへ接続できる利点が生じます。

wifi利用時の注意点

wifiは電波を利用して通信を実現する方式であることから、有線のインターネットとは大きく異なり、外部からの干渉を受けやすい弱点を持ちます。
そのため、通信時におけるセキュリティは万全の状況で使用するのが望ましく、無防備なアクセスポイントはできるだけ利用しないように注意が必要となるでしょう。

<スポンサードリンク>

家庭でのwifi環境と注意点

家庭でのインターネット接続に関してはその多くが無線LAN専用のルーターによって行われ、自宅内に設置するルーターがアクセスポイントとしての役割を果たすので比較的安全な接続方法です。
しかし、外出先の場合には公共のwifiスポットを利用しなければならない状況も考えられ、セキュリティレベルの低いアクセスポイントを避けておかないと、個人情報を盗まれたりウイルス感染・なりすましなどの被害にあってしまう危険が想定されます。
最も注意が必要なのは暗号化が適応されないアクセスポイントで、情報が筒抜けとなってしまうことから信頼性はかなり低くなります。
このようなアクセスポイントへやむを得ず接続する場合は、個人情報や仕事の機密情報及びパスワードなど、重要度の高いデータを送受信しないよう警戒しておきましょう。

公衆無線スポットって安全なの?

また、公共のアクセスポイントの中にも安全性に優れた種類は存在しており、有料契約で利用できるところほど安全性は高めになる傾向があります。
wifiスポットのアクセスポイントが安全であるかどうかは各種端末からの一覧で確認が可能となっていて、暗号化の有無を事前に確認してから接続するのが正しい使い方となります。
市販されているセキュリティソフト・アプリの中には、暗号化レベルの低い危険なwifi接続を感知して警告を出してくれる機能が搭載されている製品もあり、同時にウイルスや不正アクセスの対策となる理由から必ず導入しておくべきといえます。

wifi利用時のセキュリティについて

どうしてもセキュリティ面の問題が不安な場合には、通常時のインターネット接続をwifiで行い、個人情報を含む通信においては有線の接続を用いるといった使い分けも有効な選択肢です。
アクセスポイントは駅や空港など人が集まりやすい場所に配置されていることが多く、日常生活やビジネスにおいても携帯端末からアクセスする頻度は高めとなっているため、十分なセキュリティの知識を身につけておき被害を最小限に抑えましょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信