みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

台風に備えておきたいアイテム

time 2015/07/22

日本ならどこでも起こり得る台風は、自然がもたらす現象の一つですが、直に被害を受ければ損害が広がりますから、最悪の状況を避けたいのであれば、事前に対策を考慮して準備しておく事が大切です。

台風

台風の被害は屋外で最も受け易く、長引いたり極端な災害が起こると、室内でも問題に繋がる状況に陥るので、優先順位的には外側の対策を先行して、後から安心して過ごせる様に屋内の工夫も加えるのが効果的です。
風はあらゆる物を持ち上げますし、普段からは想像出来ない程重い物さえ浮かび上がらせますから、これらが飛来しても被害を軽減出来る様、主に割れ易い窓を保護するのは基本的な対策です。
また、屋根も風圧で剥がれ易くなりますから、普段から定期的なチェックを心掛け、老朽化が見られた時は速やかに改修を済ませ、台風シーズンに突入する前には、補強する方法が安心を実現するやり方です。
逆に、敷地内の物が空を舞って周囲に被害をもたらす懸念もあるので、外に放置している自転車などは、事前に室内へ移動して保管しておく事が重要です。
生活する地域における過去の記録が、避難を必要とするほどの台風でなければ、数日耐えられるだけの備蓄を行い、水と食糧を確実に確保出来る保存食が有効です。

保存食

台風はインフラを破壊するのも珍しくはないので、最も屋外に晒される電線は弱く、停電は突如発生する可能性が高いので、電気が使えなくても生活出来る状態が災害時に強いといえます。

<スポンサードリンク>

電気を利用する機械は全て利用出来なくなりますから、情報源であるテレビやパソコンは使えませんし、インターネット回線を利用した電話も通話不能になるので、この状況を想定して連絡手段などを確保する心構えが必要です。
スマートフォンなら消費電力が低く、モバイルバッテリーの活用は勿論、手回し式や簡易ソーラーパネルによる発電が行えますから、緊急時でも対応出来る可能性に優れた機械です。

台風
しかし、機器のエネルギーが確保出来ても、通信設備が使用不可能であったり、インフラの復旧に時間がかかる可能性が考えられれば、どの道連絡が行えない空白期間は発生します。
離れた人達に無事を伝えるのは大切ですが、先ずは安全確保と生命維持を最優先して、電気や通信インフラが回復するのを待ち、落ち着いて行動する姿勢が身を助ける基本です。
自宅に床上浸水する地域ならば、数段階台風対策のレベルを引き上げ、家から脱出する状況も想定し、緊急時を乗り越えるスキルを身に付ける事が重要です。
深い水は足下をすくいますし、移動を困難にさせる事態が発生するので、予め避難場所を確保して置いたり、そこまで運べるだけの荷物を最小限にまとめ上げ、厳選した内容で生活を維持する方法が役立ちます。
頭を守る軽量のヘルメットは落下物に有効で、ロープは使い道が豊富な道具ですし、救命胴衣はもし流されても助かる確率を高めますから、普段から準備して取り揃え、必要と感じたら直ぐに身に付ける行動力が自然に打ち勝つ方法です。


ものすごい防災セット 家族用キャリーリュックで楽々避難!7年保存食&保存水・充実の防災グッズ【防災セット 家族/2人用/非常用持ち出し袋/防災グッズ/避難袋/防災】

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信