みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

東横インヘビーユーザがその魅力を語る。

time 2015/07/22

ビジネスやバカンス、一人旅、家族旅行、友人との旅行、いずれにおいても宿泊を伴う移動をする際にかかせないのが、宿泊施設となります。
宿泊施設といっても種類は様々で、高級旅館タイプ、リゾートホテル、シティホテル、ビジネスホテル、民宿、ペンション、ベッドアンドブレックファースト、ドミトリー、カプセルホテル、最近ではインターネットカフェや漫画喫茶も宿泊施設として利用されています。

東横イン

とにかく安さが一番で、泊まるところはどんな場所でもオッケーだという人は別となりますが、大抵の人は疲れた体を休めるのにそこそこの宿泊施設に泊まりたいという人が多いはずです。
けれど、高級ホテルや高級旅館やシティホテルに泊まるほどの予算を宿泊代金だけにかけてしまうのは抵抗があるという意見もあるでしょう。
宿泊代金よりも、レジャー代金に予算を回したいという人も多いはずです。

<スポンサードリンク>

宿泊代金にはあまり予算はかけられないけれど、利便性が高い立地にあって、そこそこ快適な部屋で宿泊したいという人におすすめなのか、ビジネスホテルです。
ビジネスホテルの最大の魅力は、何といっても、立地の利便性と手ごろな宿泊料金だといえるでしょう。
ほとんどのビジネスホテルは、都心の便利な駅から徒歩圏内に存在し、シングルルーム、ダブルルーム、ツインルームと部屋タイプも様々です。
また、宿泊プランも、素泊まりプランから朝食付きプランもあり、ニーズによって色々なバリエーションのサービスを施してくれます。

東横イン

ここで、ビジネスホテルの代表チェーンともいえる、東横インの魅力について説明します。
東横インの魅力は、何といっても、全国チェーンとなっているため、どの地方へ出張行っても東横インなら、簡単に見つけることができるでしょう。
また、その立地の利便性と宿泊料金の安さというコストパフォーマンスも大変魅力的です。更に、部屋の室内設備も整っており、出張やで疲れた体や旅行で歩き疲れた体を休めるのにはぴったりでしょう。
朝食もついているため、わざわざ朝早くから、モーニングサービスを提供している喫茶店やお店を探す必要もありません。
部屋は禁煙ルームと喫煙ルームを選べるので、タバコのにおいが苦手な人は禁煙ルームを選ぶことが出いますし、たばこを吸う人は喫煙ルームで気兼ねなくタバコを吸うことができます。
また、東横インはビジネスマンだけをターゲットとしたホテルではないことも魅力の一つと言えます。
各航空会社では、飛行機とホテルセットのプランでは、選択可能なホテルに必ずと言っていいほど、東横インが入っています。
新幹線とホテルセットプラン、レンタカーとホテルセットプランでも、同様のことがいえます。
全国チェーンで、展開ホテル数も多く、サービスのコストパフォーマンスもよく、立地の利便性が最大の魅力となっている東横インは、ビジネスホテルの中では、魅力的なビジネスホテルであることは間違いないでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信