みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

今まで日本で発売されていた携帯電話はSIMロックがかけられていました。世界の多くの国ではすでにロックを解除する動きがあり日本もその流れに沿った形です。まずSIMフリーとはロックを解消された端末のことを言います。携帯電話には、SIMカードという契約者の使用状況や個人情報を特定する番号がふられたものを挿入します。昔はこのカードを利用していなかったため、携帯電話自体にその情報が含まれていました。しかし、カードに情報を移すことで機種変更や使用している端末の電池がなくなった場合に同じ携帯電話会社のものであれば友達の端末を借りてカードを差し込むことで自分の携帯電話と同じように発着信ができて課金されるようになります。また、端末に情報が含まれていない分中古品の販売など再利用ができる環境になりました。

SIM

その一歩先をいったものがSIMフリー化です。汎用性のある携帯端末を製造することで、携帯電話会社の垣根をなくします。つまり、ひとつの携帯電話を持っているだけで様々な会社のSIMカードが利用でき、それを差し替えるだけで、あらゆる国や地域のネットワークサービスを利用できるようになります。また、電話番号なども無数に取得できるようになります。携帯電話自体は変わらないため電話帳のデータや写真などの個人情報を入れ替えたりする必要はありません。あくまでもカードのみの変更ですみます。特に海外旅行で短期滞在する時には便利です現地では日本のように月額払いだけではなく、プリペイド式で電話番号とインターネット接続無制限のものなど空港などで格安で販売されています。現地で使い慣れた端末を利用する時には便利になります。日本語対応機は低価格では世界であまり販売されていないため、日本で購入できるものを利用できる利点はかなりあります。

<スポンサードリンク>

日本の携帯電話端末のフリー化で、今までは携帯電話会社が携帯端末を販売していましたがそのような縛りもなくなります。新たに携帯電話端末を開発製造することや通信事業者として参入することも容易になります。最近では家電量販店では携帯電話端末のみを販売していたり、携帯電話会社の通信回線を間借りすることで料金を抑えたMVNOサービスも始まってきています。今までのように電話番号とインターネット接続サービスをセット販売するのではなく、データ接続のみのサービスもあります。利用者の利便性や使い方にあったサービスが始まっているのも携帯端末をフリー化された利点のひとつではではないでしょうか。
今後はさらに様々なサービスを提供する新規参入組みを含めて携帯端末を用いたサービスも激化すら可能性があり、価格面でも利用者に使いやすいものがでることも考えられます。また、新たな事業者と契約する時でも、端末はすでに持っているわけですから、加入費用も安くできる利点があります。このように海外に行く時でも国内での乗り換えでもSIMフリーの端末は利用価値の高い存在です。


SIMフリー gooのスマホ g03 + 選べるOCNモバイルONEセット【送料無料】

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信