みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ドコモ光を選ぶメリット

time 2015/07/23

固定回線と携帯電話の契約をセットで契約することで
携帯電話の利用料が割り引きされるというサービスが近年急速に普及しつつあります。

最初に開始したのはauですがJCOMなどのインターネット固定回線の契約を行うことで
携帯電話の利用者を囲い込もうというのが狙いです。

モバイル通信である携帯電話の契約は比較的容易に他社へと移行する事が可能ですが、
固定回線となると面倒で手間がかかることから
携帯電話ご他社に行くことは少ないだろうという見解です。

ドコモ光も同じようなねらいで開始されました。

ドコモ光

ドコモ光は他社に比べて割引率が低いと言われています。
代表回線しか割り引きされないという点が他社に比べて弱いことや、
プロバイダがAタイプとBタイプに別れプランが理解しづらいなど様々な要素で他キャリアと比較されています。

しかし、固定回線の中では
人気のフレッツ光回線をそのまま転用して契約することができ、
今まで利用していたプロバイダもドコモ光に適用できるものであればそのまま利用できます。

<スポンサードリンク>

家族が多いなどでシェアパックの大容量を利用していれば
それだけ割引率も上がることから、
ドコモの携帯電話を利用していてなおかつフレッツ光を契約している人にとっては
間違いなく契約した方がコストを押さえることが可能となります。

さらに、フレッツ光からの転用であれば一回に限り工事費が無料になるなど、
契約しやすい体制も取っていることから
身近にショップで申し込むことができます。

ただし、現在ではいまだにコールセンターにつながりにくい環境が続いており
手続きに若干の時間を要している点は否定できません。

ともかくインターネットが必須のようになっている現代で
1Gbpsという高速通信を利用しかつ携帯電話をやすく利用できるならば
利用しない理由はありません。

Wi-Fiが利用できるようになるにもかかわらず
大容量じゃないと割引率が低いと言うのは気になる点ではありますが、
それでも携帯電話との併用は魅力的です。

フレッツ光

一番大きな魅力としては固定回線の窓口がドコモショップという点です。

解約や住所の変更、相談、プランの見直しなど様々な相談が一括して
ドコモショップで行えると言うのはユーザーにとって大きなメリットです。

特に年配者が多いドコモユーザーはネットや機械に詳しくない顧客が少なくありません。
どこにでもあるドコモショップですべてを質問できる安心感は予想以上に顧客の心をつかんでいます。

現在ではカケ・ホーダイという通話し放題プランもあり、
固定回線で無制限にインターネットを利用することができます。

残念ながらLTE回線に関しては利用制限がもうけられてしまいましたが
少し前までの重量課金時代と似た時代になりつつあるのかもしれません。
屋外でのインターネットは必要最低限に留め、
自宅での無制限でインターネットを楽しむスタイルは時代とは逆行しているように感じます。

しかし、モバイル回線が有限であることを考えれば、
モバイルと固定回線を併用する、しかもキャリアで一括して契約すると言うのは
今後のユーザーにとって分かりやすい仕組みあると言えます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信