みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

パスポート

time 2015/07/23

ちょっと人に話したくなる?パスポート豆知識

パスポートには大人用は、有効期限が5年のものと10年ものがあります。しかし、未成年者は有効期限が5年ものしかありません。これは、容姿が変化する可能性が高くこのような設定になっています。

パスポート豆知識

一般的にパスポートの申請は日本全国どこで行っても同じ値段ですが、上手に申請をすると数百円程度節約して申請することが可能です。その一つの方法にチケットショップを利用することで申請費用を節約することが可能です。地域にもよりますが、パスポート申請には国に納める収入印紙と地方公共団体に納める収入証紙によって申請します。特に収入印紙はチケットショップでたくさん販売されています。200円程度の少額のものは商売などをされている方はよく利用することが多いため、人気もあり定価の95パーセント以下で販売されていることもあります。収入証紙はあまり人気がないため見つけることができるとさらにお得感が増します。販売価格も定価の90パーセント程度での販売が一般的です。この二つを利用すると申請費用が高額なため、結果的に一人当たり数百円程度の割引を受けたことと同じようになります。

<スポンサードリンク>

申請スペースには数十枚も収入印紙をはるスペースはないので、裏などに勝手にに貼らないように注意しましょう。旅券事務所で拡張用の紙をもらうことができます。それぞれの旅券事務所のルールがありますから貼らずに現物を持ち込むことで処理をしてもらえます。また、収入印紙や収入証紙は絶対に汚したり、破ったりしないように注意が必要です。特に梅雨時には裏面にのりがついていますからひっつかないようにもする必要があります。これを怠ると旅券事務所に持ち込んでも無効となる場合もあり利用できません。また旅券事務所によっては現金納付や収入証紙を必要としない自治体もありますから必ず確認のうえ申請手続きを行ってください。

パスポート

パスポート申請には日本国内での申請方法と海外在留時にも行うことができます。海外では、大使館に申請手続きを行えますが、発行されるまでの期間はまちまちです。だいだい一週間程度での発行が一般的ですが、発行空く機会がない国などでは第三国に大使館から郵送され発行となるためそれ以上に日数がかかります。費用もその国の現地通貨でのみ支払いが可能です。価格は一般的には現地通貨を日本円に換算した価格よりも少し高く設定されています。しかし、今日急激に円安が進んだ状況では、現地で申請する方がお得な場合もあります。それは、価格は頻繁に更新されるわけではないため、為替変動に追いついていない場合もあるからです。海外で長期滞在される予定のある方は日本だけの申請ではなく、海外での申請を考えても良いかもしれません。海外でパスポートの発行すると発行機関も海外の場所になり少し格好が良いものとなります。海外から出国する時には、古いパスポートも必要になりますから必ず新しいものと一緒に大切に保存しましょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信