みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

喜ばれる年賀状とは

time 2015/07/23

最近では、年賀状を送るという人がとても少なくなってきています。
年末は仕事が忙しい時期でもありますので、なるべく手間のかかってしまうことは避けたいと感じている人が多くなってきているということや、メールでのやり取りが多くなってきていますので、住所を知らないという人がとても多くなってきているということがあり、年賀状を送らないという人が増えてきてしまっているのです。
しかし、結婚を機に年賀状のやり取りを始めるという人もかなり多くなってきているのです。
せっかくなら相手に喜ばれる年賀状を送りたいと思う人がとても多いのですが、どういった物が喜んでもらえるかということは人によって様々なのです。

年賀状

例えば、子供の写真付きの物を送るのは自分たちの実家や親戚だけに留めておくということがおすすめなのです。
自分たちのことをよく知っている両親や親戚の人は、こういった写真付きの物を楽しみにしているという人がかなり多いのですが、友人などに送る場合、子供があまり好きではないという人もいますし、人の子供に興味はないという人が増えてきているということもありますので、受け取った人を不快にさせてしまうという可能性があるのです。
最近では晩婚化が進んでいるということから、独身の友人にこういった子供の写真付きの物を送ってしまうと、幸せアピールをしていると勘違いされてしまうということもありますので、子供の写真付きの物は自分たちの実家や親戚のみにしておいた方が無難なのです。

年賀状

どうしても友人に写真付きの年賀状を送りたいという場合は、自分たちも一緒に写っているような家族写真を使うことがおすすめとなっているのです。
家族写真を使うことによって、自分たちの近況を伝えるというのが一番の目的というように感じてもらうことができますので、子供の写真よりはトラブルになってしまうことが少なくなるのです。
人によって送る柄を変えるということは、差別をしているように感じてしまうという人もいるのですが、受け取る人も、昔とは考え方がかなり変わってきてしまっていますので、人によって送る柄を変えるというのは人間関係を円滑に保つためには賢い選択でもあるのです。

年賀状
年賀状の柄でトラブルになってしまい、そのまま疎遠になってしまうということもありますので、こういったことを避けるために、あえて送らないという選択をする人も増えているのです。
両親や親戚などには、写真付きの物を送り、友人や会社関係の人には干支などの柄の入った物を送るという人がとても多くなってきているのです。
新年を気持ちよく迎えるためにも、最近ではこういった気使いというのがとても重要になってきているのです。


十二支まるごと年賀状

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信