みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

韓国旅行を格安で楽しむ裏ワザ

time 2015/07/23

一昔まえでは、韓流ともいって韓国旅行が人気でした。今でも気軽に行ける外国として、多くの人が訪れます。日本全国の空港から直行便が数多く出ており、地方の空港からもソウルなどに行くこともできますし、日本から海外に行く際のハブ空港としての働きをしているのが、インチョンの空港になります。ですから、上手に使えばトランジット利用もできるのです。

韓国

そんな韓国では、ソウルをはじめとして、プサンや済州島など、直接行けるような観光地も多いのです。どこに行っても、美味しい韓国料理、焼肉やキムチ、チヂミなどの辛くても美味しく、健康的な食事を食べることができるのです。また、あかすりやきゅうりパックなどのエステ体験もできたりしますし、コスメや食品などのショッピングを楽しむこともできるのです。

kankoku

そんな韓国に行くには、安い航空券を購入して個人旅行をするという方法が一つ目に挙げられます。最近はLLCの航空券がかなり安く取れるようになっているため、そういった情報をいち早く得て、ネットなどで購入をしていくようにするといいでしょう。航空券というのは安く購入するためには、休日などが重ならないような月曜出発の水曜戻りといったような日程にすると、予約を入れやすいものです。LCCでは燃油サーチャージを不要とするところも多いので、空港使用料などをプラスすればよかったりします。またLCCでなくても、航空会社によっては安い料金のキャンペーンをしていたりすることもあるので、そういったときを狙うといいでしょう。

<スポンサードリンク>

また、マイレージで韓国行きの航空券を取るという方法もあります。例えば、ANAでは時期によって異なるのですが、1万2千マイルで往復の特典航空券を取ることができるようになっています。燃油サーチャージがかかりますが、それでも通常の航空券代金がかからないので、とてもお得です。ANAのマイルで提携の航空会社の航空券も1万5千マイルで取れることもあります。

このように、航空券だけであれば、自分でエクスペディアなどでホテルを予約して、ホテルとの往復は電車やバスを利用していくようにすればいいのです。
また、稀に海外ツアーであっても2泊3日あたりの日程で安いツアーが販売されることがあります。1万円を切るような料金で予約できたりしますが、やはり平日の日程が多いのです。
全体的にいえることとしては、出発の空港が地方の空港では割高の料金になってしまうこともあるのですが、成田や関空のようなフライト数が多い空港では、わりと航空券にしてもツアーにしても格安のものを見つけることができるものなのです。
このように、韓国というのは日本に近い国であり、食文化なども日本人好みであり、多くの人が訪れたい国の一つでしょう。週末にも簡単に行けることもあり、パスポートが必要でありながら、国内に行くような時間でも行けるのです。上手に予約をすれば、沖縄や北海道などよりもかなり安く行けるのも魅力の一つなのです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信