みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

これだけは備えておきたい地震対策

time 2015/07/21

国内では地理的な要素によって世界的に見ても地震が多く発生してしまう国としても広く認知されるようになりました。
特に2000年以降では震度5を超えるような大型地震が数多く発生していることも特徴とされており、国民の中には地震対策を行っている方も増加傾向にあります。

地震

現在では各メーカーによって様々な対策グッズなども発表されており、実際に活用されている方も多くいます。
事前に備えておくことが推奨されているアイテムも数多く用意されており、住宅に関連するものと生活に関連するものに分類することもできます。
例えば住宅関連の場合では、そもそも地震に強い住宅というものが注目されています。

<スポンサードリンク>

いわゆる耐震性能に優れた住宅になりますが、具体的には柱と梁の補強として専用の金具を利用する技術や、壁の耐震性を高めることを目的にして、特殊な筋違いなどを活用する方法、屋根材などもできるだけ軽量素材に施すことによって、住宅の負担を軽減できるという内容を持ったものも用意されています。

地震

室内部分では、転倒したり落下してしまうことを防ぐアイテムなども販売されており、例えば突っ張り棒や金属製の金具などを活用して、家具類や家電製品などを壁や床面に固定する方法も注目されています。
その一方で生活関連として備えておくことが推奨されているものとしては、例えば水や保存食料などを挙げることができます。
どちらも長い賞味期限を誇っていることが特徴になり、緊急の災害に備えることができます。また、ラジオや懐中電灯なども基本的な道具類として知られており、ヘルメットや軍手、ビニールシートなども用意しておくと便利に機能することになります。
携帯用のトイレや鍋に相当するものも用意しておく方も存在しており、一般的にアウトドア用品として販売されているようなアイテムを集めておくことによって、災害時に役立つことになります。

地震

基本的な内容としては、居住している住宅のエリアに関して十分に把握しておくことが推奨されており、各地域では避難場所というものが設定されています。
避難場所に関しては一度は足を運んでおくことによって、緊急時には家族が役立つ内容を持っていることになります。あまりに多くのアイテムを集め過ぎてしまった場合では、災害時に持ち出すことが困難になってしまう可能性を持っています。
その対策としては、例えば屋外に設置されている物置内に準備しておくことに向いているアイテムや、自動車内に保管しておくことによって役立つアイテムなどに分類することもできます。持ち家として特に一戸建て住宅に居住されている方のケースでは、火災保険と合わせて地震保険にも加入しておくことによって、一定の安心感を得ることも可能になります。
現在では携帯電話も広く普及していることによって、災害時に連絡をすることが必要な人物などが存在している方のケースでは、予め分かりやすい状態にアドレスなど詳細事項を入力しておくこともおすすめになります。


グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】被災者の声を元に防災士が厳選した防災グッズ 非常用持ちだし袋 非常持出袋

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信