みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

飛行機好きが教える飛行機雑学

time 2015/07/21

飛行機に乗って海外旅行へ行ったり国内旅行に行ったりする人が本当に多くなりました。
世の中が不景気であるとは世間で言われているものの、未だに余剰のお金を使ってこのように旅行を楽しむことが出来ている人達も存在している為、まだまだ日本というのは豊かな国であると言えます。
そして旅行に行く為の手段としては他にも新幹線や在来線や船等があり、目的や行き先に応じて臨機応変にどのような乗り物に乗って旅行に行くのかを決めていけば良いのです。

飛行機

例えば比較的近い国内旅行に行こうとするのであれば新幹線や在来線でも良いですし、沖縄旅行や海外旅行に行くのならばどうしても飛行機に乗らざるを得ません。しかし飛行機について詳しい知識や雑学的な知識を知らない人というのはとても多いものです。
なので乗るのが嫌いな人は毎回怖い思いをして乗らざるを得ないという状況になっています。
実は墜落してしまう可能性というのは非常に低く、それこそ400年間毎日毎日乗って一回墜落するかどうかという確率でしかないのです。

<スポンサードリンク>

宝くじの1等に当選するようなものです。私達はどんなに頑張っても宝くじの1等を当選させることはなかなか出来ませんが、それと同じで墜落しようにもなかなか墜落しないものなのです。
なのでとにかく乗るのが怖くて怖くて仕方がないという人は、宝くじの1等に当たるだなんて一生のうちに1回もないだろう、だから墜落することも絶対にありえないから大丈夫だと自分に言い聞かせて気持ちを落ち着かせることが大切なのです。

飛行機

しかしそれでもどうしても怖さを無くすことが出来ないという重症の墜落恐怖症を抱えている人もいることでしょう。
そのような人の場合はなるべくチェックインをする時に後ろの方の座席を指定すると良いのです。
何故なら万が一墜落してしまったとしても、後ろの座席に座っていた方が僅かながら生存率が上がるというデータがあるからです。
しかし後ろの方の座席は前の方の席と比べて乱気流等が起こった際に揺れやすいというデメリットもあります。
なので乗り物酔いをしやすい人はなるべく前の方の座席に座った方が良いでしょう。
そして実は最も揺れも少なくて安全な席は主翼の近くであると言われています。なのでもしも自分が乗る便の主翼の位置が予め分かっているのなら、チェックインの時に主翼の近くの座席を指定するようにすると良いでしょう。
このように飛行機が怖くて苦手だという人であっても、座席を工夫して指定することで、実はかなりの部分の不安を払拭できるのです。
一番大切なのは実際に乗る前にこれらの雑学知識を思い出して、自分自身に大丈夫だと暗示をかけることが大切なのです。
それから更にお得に家族で飛行機に乗って旅行する知識があります。
それは多くの航空会社では2歳未満の子供は料金がかからないことになっているので、もしも少しでも旅行費用を節約したいのであれば、子供が2歳になる前に飛行機に乗るようにしたら良いのです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信