みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

日本生命に見習うセールストーク

time 2015/07/17

日本生命は1889年設立の国内では最大級の規模を持っている保険会社になります。
保険契約高や保険料の収入においては業界でもトップを堅持している会社としても知られており、これまで数多くのテレビコマーシャルなどを発表しており、認知度も極めて高い会社としても有名です。

日本生命

日本生命が主業としている内容は各種保険商品の販売業務になり、全国には約5万人が存在しているとされるセールスマンによって販売業務が行われていることになります。
全国各地の主要都市には支店などが設置されており、スムーズな対応を行っていることも特徴になります。
保険商品の場合では無形アイテムに属していることになり、例えば電気製品や家具類、自動車などを購入するようなスタイルとは異なった性質を持っていることになります。
そのため、販売するためにはセールストークというものが重要なポジションを占めていることもあり、日本生命では社員が入社した場合では、一定期間にわたって研修が実施されています。
まずは販売している商品についての知識を得ることは当然ですが、他社との違いやメリットについても学ぶことになります。
その後に関しては先輩社員と同行を行って、実際にセールスを開始することになりますが、この時点でセールストークが活かされることになります。

<スポンサードリンク>

日本生命に見習うセールストークとしては、常に商品の購入者、あるいは利用者の立場に立って物事を考える能力が必要とされており、例えば小さなお子さんがいるご家庭ならば、学資保険を推奨すると同時に、ご両親に対しても万が一の不測事態に備えて医療保険や生命保険の加入を勧めることになります。
常に誠実な対応を心掛けることも大切になり、無理な販売を行っていないことも特徴になります。
実際に販売されている保険商品の数は良質なものが多く用意されていて、例えば独身者を対象としている商品の中には、入院や怪我に備える基本的な商品の他に、年金型の保険商品まで提供されています。
老後を安泰に生活できるように配慮したセールストークも効果的とされており、実際に加入者が多いことも特徴とされています。
他社の保険商品に加入をしている方の中には、無駄な出費を重ねてしまっているケースも珍しいことではありません。
この点に関しては他社であっても魅力的な商品を提供している会社は数多く存在していますが、利用者側が保険商品に対しての知識を十分に持ち合わせていない場合では、正確に判断できない状態で加入を継続されている方もいます。
このケースでは日本生命のセールスマンによって、保険の見直しプランを提示する場面もあり、十分に話を聞くことによって最適なプランを見つけ出すことも可能になります。
多くの場面でセールストークというものが重要になりますが、紳士的な態度で顧客と接していることも基本になり、販売後に関しても定期的なコミュニケーションとケアを行っていることも、一つのセールストークとして見習う部分を持っています。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信