みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

もしもマイクロソフトのofficeがなかったら

time 2015/07/18

マイクロソフトのofficreは、ビジネスの分野に限らず、様々なシーンで大活躍しているツールといえるでしょう。
エクセルやワードなどは、仕事をする際には欠かせないソフトウェアとなっていますし、マイクロソフトの製品であるという安心感もあります。
officreのパワーポイントなどの他のツールも、エクセルなどを普段使っている人には、馴染みやすい画面構成となっているので、初めて使うソフトウェアの場合でも、比較的取り組みやすいかもしれません。
多くの人の生活の一部ともなっているマイクロソフトのofficreですが、もしも、世の中になかったとしたら、どれだけ不便が起こるでしょうか。

マイクロソフト

ワープロソフトや表計算ソフトなど、最近ではフリーソフトも含め、たくさんのソフトウェアが手に入る時代です。
しかし、マイクロソフトの製品は、その他のソフトウェアとは一線を画するものといっても良いかもしれません。
その違いとは、互換性と汎用性にあるといえるでしょう。
officreは、パソコンを利用する人たちにとってのスタンダード的な立場にいるのだといえます。
ですから、多くの企業のサービスでも、文章の形式にはマイクロソフトの製品に合わせた対応をとっていることが多いのです。

<スポンサードリンク>

たとえば、コンビニで気軽にパソコン上で作った文章やグラフなどの資料をプリントできるサービスが人気を得ていますが、このサービスを利用するには、エクセルやワードの形式である必要があります。
もし、一般的にあまり知られていない、使っている人が少ないようなファイル形式の利用しかできなかったとしたら、このようなネットプリントのサービスは、広く一般の人に受け入れられるようにはならないでしょう。
マイクロソフトの製品の形式にすれば、より多くの人が利用することが可能になる、それだけ一般的になっているということでしょう。

このように、世間の標準とされるような存在が無くなってしまったとしたら、ネットプリントなどのサービス自体、存在しなくなってしまうかもしれません。
それだけでなく、メールなどでやりとりしている資料も、自分が送ったものが、相手のパソコンで開くことができないという事態にもなりかねません。
これらの製品は、あらかじめ購入したパソコンにインストールされている場合も多く、あって当たり前と思っている人も少なくないのかもしれませんが、あらたに購入しようと思うと、思いのほか、費用がかかってしまうことに驚く人もいるようです。
ですから、やむを得ず、他社の製品を使うことになる場合もあるようなのですが、そうすると、やはり互換性の問題に頭を悩ませるということに
なってしまうようです。
最近では、エクセルやワードとも互換性のあるというソフトウェアも登場しているようです。
したがって、販売されているパソコンでもofficreではなく、これらのソフトウェアをインストールしていることも多いようです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信