みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

阪急百貨店の魅力、解析します!

time 2015/07/14

関西エリアで高級なイメージの強い私鉄沿線と言うと、誰もが阪急電鉄沿線と言う言葉が即座に返ってきます。
それは芦屋川、出屋敷、花屋敷、神戸、元町三宮など関西きっての高級住宅地をすり抜ける沿線であるためです。
阪急電鉄というと常に高級住宅、セレブといったイメージが付きまといます。
また阪急電鉄を大株主にしている阪急百貨店も同様に、高級デパート、老舗百貨店のイメージが関西では定着しています。

阪急百貨店で買うラグジュアリー感

お中元、お歳暮時期には、阪急百貨店の包装紙にしてもらうと高級感が演出できたり、箔がつくと多くの人が考え、どこでも買うことのできる商品でもわざわざ阪急に多くの人が足を運びます。
このデパートが単に阪急系列の百貨店であり、高級感を感じるからといって多くの人が利用している訳ではありません。このデパートは品揃えも豊富であり、ハイセンスであることから多くの人が利用すると言えます。

<スポンサードリンク>

HANKYUといえばファッション

このデパートは関西ファッションのオピニオンであり、ファッションの発信地といっても過言ではありません。
阪急百貨店のバイヤーは日本だけでなく海外にも足を運び、世界の一級品やハイセンスな商品を開拓することに長けていると言えます。

HANKYU

本店がある梅田エリアでも他のデパートにはない洗練さ、ハイセンス、感性を感じさせます。
多くのデパートがレディースファッションだけに力を注ぐ中、阪急百貨店はレディースだけに飽き足らずメンズ館を設け、一階から最上階まで世界の選りすぐりのメンズファッションを取り揃えて営業しています。
またこのデパートではハイセンスでファッショナブルな店員しか採用しません。
そのためデパートの中を歩いていると、ファッション雑誌から抜け出したような店員が顔を並べています。
そのため館内を歩いているだけでも今のトレンドや流行、着こなし術、コーディネートなどを店員さんから学ぶことができます。
こうしたハイセンスで感性がよく、オシャレな雰囲気は、品揃えや店員だけでなく、デパートの建造物自体も物語っています。

建造物に見る阪急百貨店の魅力

阪急百貨店

阪急といえば昔からアールヌーボーや、アールデコ、ゴシックなど海外のデザインや完成が建造物に活かされ、一際目を引く百貨店でした。
ここ最近では増改築、改修されさらに近代的にスタイリッシュな建造物に様変わりし、梅田エリアの顔になっています。
その建造物では人気ドラマシリーズでも利用されたほどです。
また阪急百貨店ではファッションフロアなどで頻繁にイベントや催事を行っています。
高級宝飾売り場では有名モデルを招いて誰でも無料で見ることのできるファッションショーが開催されることもあります。

ファッションだけにとどまらない、阪急の魅力とは?

また海外ブティックの店先では無料でお客様にシャンパンを振舞うサービスなども見られます。
また阪急百貨店では地下の食料品売り場も力を入れています。
関西だけにとどまらず、日本全国の美味しいといわれる店を誘致し、関西にいながらさまざまな地域のご当地グルメを購入し楽しむことができますよ。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信