みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

伊勢丹のおもてなしとは?

time 2015/07/14

伊勢丹というと、日本でも有数の百貨店との認識を持っている人が多いことでしょう。
伊勢丹の歴史は古く、その時代のニーズを的確に商品に反映させることで、人々の信頼を得てきた百貨店といえます。
ですから、現在でも、伊勢丹のファンは多く、わざわざ遠くから足を運んで買い物を楽しんでいる人も多いようです。

伊勢丹

伊勢丹の魅力

このように、伝統的ともいえる百貨店の魅力のひとつに、百貨店の顔ともいえる、販売員の人たちの質についても挙げることができるといえます。
近年、日本のおもてなしの心が、世界中に驚きを与え、それと同時に称賛されるようになったのも、百貨店で日常的に行われているような、おもてなしの心が、日本の至る所で見ることができたという事実があったからなのではないでしょうか。
日本には、古くから、お客様は神様です、というような考え方があったとされています。
日本人であれば、それを聞いても、さほど驚く人はないかもしれません。

<スポンサードリンク>

伊勢丹のおもてなし

なぜなら、自分も、そのような経験の中で育った場合が多いからでしょう。
幼いころに伊勢丹を訪れた経験がある人なら、記憶には残っていないかもしれませんが、そのようなおもてなしはされていたはずですし、百貨店のような丁寧な応対をされて育った人が大人になれば、人に対しては、そのように丁寧に対応するのが普通のことなのだという認識にもつながっていくものだと思われます。
日本では、買い物という、とても身近な体験を通してでさえ、人を思いやる、感謝の気持ちを伝えるという、素晴らしい文化が培われていたのです。

最近では、大型ショッピングモールなどが増えて、老舗の百貨店だけでなく、スーパーなどの施設を利用することの方が多くなったという人も多いかもしれません。
そういったスーパーの中には、セルフレジといって、店員を介することなく、自分で支払いから商品の袋詰めを完了できるような設備が整っているようなところもあります。
一見、殺伐としているような感じにも思えますが、しかし、店の形態は異なっても、日本では、おもてなしの心は絶えることなく受け継がれているようです。
セルフレジとは、もちろん、買い手と売り手の信頼関係のうちに成り立つものです。
いくらでも、ごまかしができそうな設備をあえて設置するのには、お客様の立場を第一に考えたおもてなしの心があるのだともいえます。
そして、そのレジをチェックしているスタッフも、おもてなしの心を大切に対応しています。
コンビニでもスーパーでも、店員さんはたいていの場合、とても丁寧な対応をしているのではないでしょうか。
こういった対応の模範となっているのが、百貨店であるともいえるのです。

百貨店は、いつまでも、その品格を大切にし、人々に信頼と安心と、おもてなしの心の大切さを伝え続ける存在であるべきなのかもしれません。
伊勢丹は、日本を代表する百貨店であるだけでなく、世界にも誇れる、日本の文化の象徴でもあるべきではないでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信