みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

作業服だけじゃない!ワークマンの意外な使い方

time 2015/07/09

製造業の現場で働いていれば、安全靴や作業着など特殊な装備が必須となります。
ほとんどの会社では支給されていますが、それでは満足がいかない場合は自分で揃えなければいけません。
支給品以外にベルトに付ける小物入れが欲しくなることもありますし、自営業などで専門の装備を必要としている人もいます。そういう人は作業着専門の店がおすすめです。

作業着などの作業関連用品を販売しているワークマンでは、様々な業種に合わせた作業用品を販売しています。
屋外で工事をするための装備から、クリーンルームで利用するための清潔な服まであります。
工場で働くうえで必須になる安全靴もたくさん揃えており、好みのデザインのものを選ぶことができます。
もちろん女性でも大丈夫です。

ワークマン

スニーカーと間違えそうなくらいスタイリッシュなものもあります。
人によっては防塵マスクや安全帯など特殊なものが必要になることがありますが、そういったものも販売していますので装備に困ったら行ってみることをおすすめします。
作業用品とありますが、工事などだけではなく衛生用品も取り扱っています。

<スポンサードリンク>

様々なワークマン取扱商品

たとえばエプロンです。
多くの飲食店でユニフォームとして使われていますが、これもさまざまな色や形のものが販売されています。
調理師用の白い服もあります。
帽子、手袋、衛生靴もありますので、食品を扱ううえで必要と思われるものは一通りそろえることができます。
介護現場で使えるものもあります。イベント用に揃いのジャンパーが欲しいときも、安く買うことができますので便利です。

作業着の意外な使い方

工場以外でも活用できるものがたくさんあります。
事務仕事をしていて自分には関係ないなと感じている人も、ぜひ覗いてみてください。
庭掃除に使う軍手などが安く手に入ります。おすすめは防寒着です。
作業用の防寒着はファッション店で販売しているものよりも防寒に優れており、釘が引っ掛かったくらいでは破れないほど丈夫です。
その上、非常に安く手に入ります。スーツを着たときに使えるようなデザインではありませんが、近所へ少し出かけるくらいなら十分に使えます。
真冬の早朝に行わなければいけないゴミ出しなどにも便利です。
防寒着のほかにも、雪かき用の長靴などデザインにはこだわらないけれど安くて丈夫なものが欲しい、といったときにワークマンを覗いてみるといいでしょう。
いろいろと使えるものが売っています。

ワークマンの店舗展開

ワークマンは全国で展開していますが、店によって品ぞろえが異なります。
店舗が狭いので商品を厳選しておく必要があるからです。仕事で使うものを買いにお店へ行くときは仕事場から近いところを選ぶとよいでしょう。
たとえば造船業が盛んなところですと、造船業でよく使われるものが売っています。
近くに大きな工場がある場合は、その工場の人がよく使うものが売られています。
地元のニーズに合わせた商品が置かれているため、職場と近いところの販売店に行くことをおすすめします。
また、楽天にも出店していますので、ネットでも簡単に購入できますよ。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信