みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ツイッターでフォロワーを一気に増やす方法

time 2015/06/25

身内だけしか見てくれないツイートなんて・・・

フェイスブック、LINEと並んで人気のSNSといえばハズせないのがtwitter。
気軽に短い文章や、ひとことだけでもつぶやけるので、ブログやFacebookで日記を書くほどでは・・・という人にも人気のツールですよね。

さて、そんなツイッターですが、みなさんフォロワーはどれくらいいますか?

友達周りで数十人、という人も多いと思います。
でも、ツイッターの醍醐味といえば、他のSNSでいうところの「コミュニティ」のように、共通の趣味や話題で不特定多数の人と繋がることなんです。

いつまでも友人だけに向けて「今日は○○をして過ごした」とか「これ美味しい」と呟いて、2、3人からリプを貰うだけじゃダメです(笑)!
もっとツイッター特有の楽しみ方をマスターしましょう!

というわけで、今回はツイッター特有の使い方をマスターし、フォロワーを一気に増やすワザをご紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>

タグを駆使してフォロワーを増やそう

ツイッターには、インスタグラム同様「タグ」という機能があります。
頭に「#」をつけたタグをツイートの中に含めることで、そのタグの付いたうちーと一覧にも表示されるようになります。
そうなると、そのタグで検索をかけた人の目にも触れやすいですし、同じタグで呟いた人がアナタのツイートを見てお気に入り登録してくれる可能性もあります。

人気のタグを探してみる

まずは手始めに、今人気&話題のタグを探して見ましょう。

ツイッターアプリを開いたら、通常ツイートを投稿する際に使用する、右上のアイコンの左側に、虫眼鏡のようなアイコンがあるかと思います。
それをタップしてみてください。

twitter タグ
すると、今話題になっているタグがずらっと並びます。
このときだと、ゾゾタウンのセールスタートに関するプロモーションが一番上に来ていますね。
(プロモーションというのは、企業が宣伝広告として流しているツイートです。)
まぁこれでもいいので、ためしに覗いてみましょう。

twitter タグ
そのままzozoのツイートに移動します。
ここに「#zozo 夏セール」というタグがついているのが分かりますでしょうか?

プロモーションのツイートだからといって、先ほどの画面で無視しなかったのはこのためです。

どういう意味かといいますと、企業はお金を払って、ツイッターのこの目に止まりやすい枠を購入しているんです。
ということは、このツイートを見る人も当然多いわけで。
ここについているタグを自分のツイートにつけると、当然それを見る人も増えるというわけです。

その証拠に、アフィリエイトなどお小遣い稼ぎでツイートしている人は、このタグをつけたツイートをちゃんと呟いていますよ^^;
それだけ人の目に触れる機会が多いことを彼らは知っているんですね。

とはいえ、この記事を読んでいるアナタはきっと普通にツイッターを楽しみたいだけの方だと思います(笑)。
なので、通常のタグの使い方の説明の続きを書きますね。

先ほどのzozoのプロモーションの下に、人気のタグが並んでいます。
このときですとこんな感じでした。

twitter タグ
「#オタクになるきっかけとなった作品挙げる」という、なんともマニアックなタグですね(笑)。
ここをタップすると、そのタグをつけて呟かれたツイートが並びます。

ということは、人気のタグの中からアナタが興味関心のあるタグを探して、そのタグをつけてツイートすれば、同じタグをつけた人や、もしくは人気のタグを検索した人の目に触れやすくなるわけです。
当然、その中でお気に入り登録をされたり、RTされたり、リプライだけでなくフォローされることもあるでしょう。

フォロワーを増やすにはフォローする人を増やすのが一番

とはいえ、フォローしてくれるのを受身で待つだけではいけません。
この機会に同じタグをつけた共通の趣味を持つ人を、思い切ってフォローしてみてください。
無言フォローでもいいですが、何かしらリプしたほうがフォロバ(フォローバック)してくれる可能性は高いです。

まとめ

たくさんのSNSがありますが、友達や身内と近況報告をしあうのがフェイスブック、趣味が興味関心が似ている人と、気軽に情報交換するのがツイッター、という風に使い分けてもいいかもしれませんね。
それぞれのツールの強みを最大限に活用してみてください。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信