みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ココナッツオイルの基本の使い方

time 2015/07/09

ココヤシからつくられている油脂が、ココナッツオイルであり、今や日本でも大ブーツとなっているオイルです。通常は白っぽい固形ですが、温度が上がってくると液体になります。瓶で販売されていることが多く、スーパーや通販サイトでも、購入をすることができます。

ココナッツオイルの種類

ココナッツオイルとひとくちに言っていますが、大きく2つのパターンに分けることができます。
ひとつは精製したタイプで、もうひとつが未精製のタイプです。

精製したココナッツオイル

ココナッツオイル

精製しているオイルは、高温で精製したココナッツを、脱臭してつくるオイルのことです。
加熱もしますし、漂白もしていることから、ココナッツがもつ香りやカラーは少なくなります。
その文、ビューティーケアには使いやすさもあります。
精製しているタイプは、不純物を取り除いています。そのため、より刺激が弱いタイプになっています。
近年では、美容市場で目にすることも多くなってきています。

未精製のココナッツオイル

未精製のタイプは、添加物を一切ココナッツに加えません。
無精製であり、加熱処理もしないで抽出します。化学的な物質も、一切含むことがありません。
ビタミンEやラウリン酸も豊富であり、防腐剤も必要ない飽和脂肪酸のオイルになります。

ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルは、さまざまな効果をもたらしてくれる、多機能なオイルです。
基本的に口にすることができますから、普段の食生活に取り入れて、健康にも役立てることが可能です。
食べ物に使ったり、飲み物に加えたりは、従来の使われ方であり、体の中から効果を発揮することになります。

ココナッツオイルを口から摂取する場合

口から摂取する場合、どのような健康効果があるのかも知りましょう。
摂取によって、コレステロール値を低下させる作用があります。
さらには、善玉コレステロールを増加させる役目もあります。
抗ウィルス作用を持つオイルであるため、体内における免疫力を向上させてくれます。

ココナッツオイルには、ビタミンEの栄養成分が豊富であるため、美肌のためにも役立ちます。
甲状腺機能も高めていくので、健やかな体調を維持する手助けにもなります。
適度な摂取は、体内における脂肪燃焼を促進させるため、上手に取り入れれば、ダイエットのサポートにもなります。

ココナッツオイル

リンゴをココナッツオイルでソテーするのもオススメです。

簡単に摂取するなら、温かいコーヒーなどに入れて飲んでみるとよいでしょう。
焼き物の料理に使えば、香ばしい香りと、カリカリに焼きあがる食材に、食欲もそそられます。

ココナッツの良い香りを堪能するなら、エキストラバージンココナッツオイルを使うことです。
精製したオイルは、香りも無臭であるため、料理には使いやすいでしょう。
サラダのドレッシングとして使ってみるのも、良い方法の一つです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルをボディケアに使用する場合

ココナッツオイルは、体の外にも使うことができます。美容にも効果を発揮してくれるため、女性からの関心も高くなっています。
ボディケアとして、日常的にお手入れに加えることができます。
お肌に塗ることで、肌を乾燥から守ってくれます。
浸透性が高いため、肌に塗布してもベタベタしないで、ツルツルで柔らかいお肌にしてくれます。

今人気のココナッツオイル、ぜひお気に入りの使い方を見つけてみてくださいね。


【即納★送料無料】 [3本セット] エキストラバージンココナッツオイル 385g(420ml)

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信