みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

資産運用のコツ

time 2015/09/09

資産運用の基本的な考え方

資産運用のコツは、いかにして効率的に資金を投資することが出来るかにあります。
資産運用の手段は一つではありませんが、どの手段を利用しても共通の認識として
考えることが出来ることが一つだけあります。

それは、資産を運用する本人が細かな動きをしなくても
勝手に利益を出すシステムを構築することが出来るかどうかです。
多くの資産を持っている人は、
その資産を本人が何もしなくてもより大きくすることを望んでいます。

投資

銀行の定期預金も仕組みは同じです

例えば、銀行に対して定期預金としてお金を預けておけば
数年後には必ず一定のお金が付加価値として与えられることになります。

数年で金利が1%付くとすれば、1億円のお金を預けておくことによって
100万円のお金を受け取ることが出来るようになるわけです。
こうした資産運用の考え方は全ての取引に共通しています。
こうした流れは、それぞれの投資に関して具体的に考えていくとより鮮明になります。

仮に、不動産を利用した資産運用を考える場合には
不動産を所有している本人が直接不動産を利用するのではなく、
既に所有している不動産を第三者に委託して
それを管理する方法を選択したほうが効率的です。

<スポンサードリンク>

不動産投資って?

仮に、収益マンションを取得していれば
その収益マンションの権限をまず不動産会社に対して委託します。

そうすれば、業務の委託を受けた不動産会社が
賃貸借契約の業務を全て遂行してくれることになるため、
収益マンションを保有している賃貸人は一切何の取引にも参加する必要はありません。
業務を委託した不動産会社に対して
賃貸借契約に応じた一定の料金だけを支払えば良いだけです。

こうした資産運用は、株取引や通貨の売買でも当然応用することができます。
株取引では大手の会社から株を購入することによって
配当金を受け取ることが出来るようになります。

それだけではなく優待制度も存在しますので
多くの株を購入すればするほど配当金と優待で株主は
多くの利益を貰うことが出来るようになるため、
非常に大きなメリットを受け取ることが出来るようになります。

どうして通貨の売買で利益がでるの?

また、通貨の売買に関してはそれぞれの通貨に金利が設定されるので、
その金利を利用すれば利益を大きくすることが可能です。

外貨の金利は日本国内の金融機関で付けられる金利の数倍以上で設定されるため、
日本国内で金融商品を利用する以上に
遥かに大きな利益を手に入れることが可能なのです。

このように、資産運用のコツはそれぞれの取引に関わりなく
資産を持っている本人が取引に関与しなくても
収益を得ることが出来るシステムを完成させることにあります。

資産を持っていれば本人が行動を起こさなくても、
自動的にお金を入ってくる仕組みを作ることが出来ます。

業務を委託してもそれによって収益を得ることが出来るのならば、
出費も抑えらます。
総合的に投資家が利益を得ることが出来れば、
資産運用として成り立っているといえるでしょう。

投資信託|セゾン投信

評価が高い資産運用の本はこちら

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信