みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

転職・就職向けリクルート活用法

time 2015/06/30

新卒も中途も派遣でも!

仕事を探す、と考えたときに、ハローワークと同じくらい頭に浮かぶのが「リクルート」。
新卒のひとだけでなく、中途採用や派遣、パートなど多岐に渡るいわば「就職・転職のスペシャリスト」のような存在。

今回は、就業形態別「リクルート活用法」をご紹介していきたいと思います。

リクルート

新卒&中途採用

新卒採用情報サイト「リクナビ」が有名ですね。
各企業は、優秀な人材を確保するために、リクナビに自社のアピールポイントなどを掲示しています。

学生はそこからエントリーするだけでOK。
企業側も、エントリーがあるとすぐチェックできますので、WEB上とはいえ非常に近い距離で企業と就活生を結んでくれる存在です。

<スポンサードリンク>

社会人の転職

社会人のための転職サイトが、「リクナビNEST」です。
こちらは、社会人向けの転職情報に特化したサイトになっていますので、ハローワークと並行して利用しない手はありません。
ハローワークというと、実際に離職してから求人を検索するイメージですが、こちらですと転職を考え始めた時点で、空き時間を使ってチェックできるので時間を有効に使えますし、良い求人を見逃さずに済みそうですね。

エンジニア向け

エンジニア向けに特化したサイト「Tech総研 」というものがあります。
より専門的な業種の人向けのサイトですので、通常だとなかなか出てこないようなニッチな求人にも出会えるかも?
また、企業側も普通にハローワークに求人を出すよりも、専門的な知識と技術を持った人に閲覧してもらえるため、双方にとってより良い出会いの場であると言えます。

フランチャイズで独立したい人

独立開業・起業したい人には、「アントレnet」というフランチャイズに関する情報サイトもあります。
「フランチャイズ成功ナビ」というFC加盟情報サイトもありますので、合わせてチェックすることで、初めてのFC加盟へのハードルをできるだけ下げることが可能です。
有名なところで、コンビニや学習塾、エステやマッサージ店、たい焼きやさんなどがあります。
一国一城の主になりたい方にはオススメ(笑)。

派遣求人なら

一時はいろんな問題が浮き彫りになった派遣ですが、今でも根強い人気があります。
企業側がいきなり正社員で雇うリスクを回避する意味でも、キャリアを積んだ人がより高額な賃金で働くためにも需要と供給のバランスが成り立っている就業形態のひとつなのです。
リクルートでは「オー人事.net」というサイトで、派遣求人を閲覧できます。
(一時はTVCMで一世を風靡しましたね!)

それぞれの希望する集合形態に合わせて、ぜひリクルートのサービスを利用してみてくださいね。
もちろん無料ですよ!

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信