みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

日本テレビの番組の特色

time 2015/07/23

日本テレビの番組の特徴は、ドラマ以外、改編が少ないという事です。
テレビ局の多くは、視聴率が悪ければ、春や秋に番組を打ち切り、新番組へと変えていく事になります。
それにより、少しでも視聴率が高い状態を作っていこうとしていきます。
それに対して、日本テレビは、他のテレビ局が打ち切りを考える視聴率であっても、1年以上続けて放送をしていくという事が多くあります。

日本テレビ

視聴率が悪い番組を続けてもテレビ局としては意味がないのではないかと考える人もいるでしょう。
ですが、続けていく事で、悪い点があれば改善し、番組自体を育てていく事が出来るだけでなく、常に同じ時間に同じ番組が放送されているという状態を作る事で、その存在を知って貰いやすい状態を作る事が出来ます。
視聴率が悪ければ、次々新しい番組を作り、その中でヒットした番組を残していくという方が、より高い視聴率を獲得する事が出来ると考える人も多いでしょう。
確かに、新しい番組を次々打ち出せば、その中から、大きなヒットを飛ばす番組を作る事が出来る可能性も出てきます。
ですが、次々に番組が切り替わる状態というのは、視聴者からすると安心感が無い状態となります。
そして新しい番組が始まってもすぐに終わるというイメージが定着すると、そのテレビ局にチャンネルを合わせて貰いにくい状態となる可能性もあります。
それに対して、視聴率が悪くても同じ番組を続けていくと、そのチャンネルに合わせれば、常に同じ番組をしている安心感を得られる事になります。
それにより、番組としてだけでなく、テレビ局全体の視聴週間に繋がっていく事も少なくありません。
日本テレビの場合、最初は視聴率があまり良くない状態であっても、続けていく事で、確実に視聴率を獲得出来る状態に成長していった番組も多くあります。
そして、爆発的なヒットでなくても、確実に視聴率を獲得できる番組を増やしていく事で、常にチャンネルを合わせて貰いやすい状態を作り、放送している番組すべての視聴率を底上げしていく事が出来るようになっています。
長く放送していると、視聴者が途中で飽きて離れていくというイメージを持つ人もいるでしょう。
ただ、長く放送して視聴者が離れる原因の一つに、視聴率が下がったからといって、内容を大幅にリニューアルしてしまうという事があります。

日本テレビ

ですが、目新しさで視聴者を取り戻そうとすると、それまでのスタイルの番組を観ていた人が、一気に離れ、更に視聴率が下がってしまうという可能性が出てきます。
そんな中、日本テレビの番組は、視聴率によって大幅なリニューアルが少なめとなっています。
実際に、他のテレビ局が大幅な改編を行う中、新ドラマ以外、殆ど改編がないという状態になる事も珍しくありません。
その為、日本テレビでは、いつでも同じ時間に、同じ番組を楽しみやすい状態が整っています。
それにより、多くの番組が高い視聴率を誇りやすい状態となっています。


日テレ限定 東京西川涼感寝具クールナイトエクストラ シングル 日テレshop(日本テレビ 通販 ポシュレ)

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信