みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

シャープの歴史とこれからの展望

time 2015/07/15

家電事業で有名なシャープは、液晶分野に強みを持つ企業で、テレビに力を入れていましたが、市場の国際化や国内での激化によって、競争力の低下と収益の変化が発生しています。
シャープはテレビ以外にも、掃除機や空気清浄機にも力を入れていますが、主力は液晶を活用した製品ですから、この部分の売り上げが企業全体に響いています。

シャープ

液晶の画質や省電力化は、業界内でもシャープの技術は認められていますし、製造設備に投資を行った判断は間違いではないので、経営の計画と考え方に問題があると想像出来ます。
事業に絶対はありませんし、成功は将来に続く保証も存在しませんから、リスクは分散するのは常に定石ですし、家電業界でも同様なので、上手く立ち回れる企業こそが長くビジネスを続けられるといえます。
決してシャープは大きな組織ではなく、他社に比べると規模自体は小さいですが、逆に小回りが利く自由度の高い職場なので、アイディアと発想が活かされる企業と評価出来ます。

シャープ

これまでも個性と魅力を併せ持つ商品は登場していますし、シャープは尖った一面を持つ会社ですから、働く開発者にとって前向きなモチベーションに変わるので、好循環が生まれる環境を実現した会社です。

<スポンサードリンク>

組織の不安定化や、先行きが不透明になった現在では、新規商品やアイディアの登場に疑問がありますし、開発部門も資金を考えず取り組める状況ではありませんから、余裕を持って発想を形に出来る段階にあります。
しかし、人材的な価値では財産と考えられ、環境が変われば会社その物が生まれ変わる余地は残されますから、シャープは必ずしも完全に終わった存在ではなく、意識を変化させる実行力さえ発揮されれば、輝かしい状況を再び実現する確率は十分にあります。

シャープ

商品自体の製造品質は低くありませんし、サポートも少し力を入れれば質は高まるので、全体を見直す良い機会と考える余裕を持てば、優れた部分と反省点を発見するチャンスになります。
組織は発展によって巨大化しますから、次第にコントロールは難しくなりますし、この時に経営者の手腕が問われるので、上手く牽引出来なければ全体がバランスを崩します。
今は正にバランスが崩れ始めた状態で、早急に立て直す必要はありますが、元に戻すだけではもう一度リスクに晒されますから、明確な将来像を元に状況を改善する事が大切です。
現状のまま進んでしまえば、やがて組織が崩れるのを食い止められない段階に突入しますし、決定的な策が実行に移されない限りは、一連の流れを黙って見るほかなくなります。

ただ、鮮やかに復活する可能性も0ではないので、具体的な計画を作成して公表し、強力な支援を得た上で取り組みを開始出来れば、企業の再生は現実の物となりますから、見捨てずに支援したくなる気持ちにさせる事が重要です。
それが可能なのは会社自身で、多数が働く現場は簡単にまとまりませんが、誰かが手を上げ改革案に賛成が得られれば、明るい話題で注目を集める事が行えます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信